KGKグループ:

KGKの特異性
垂直方向に統合した特異なビジネスは、鉱山採掘から小売まで広がり宝石とジュエリーのパイプラインを通して競争的な優位性と価値ある関連性を持つ無敵の存在を作り出しています。

確実な事実

  • 香港の本部
  • 12,000人の従業員
  • アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアに於ける活発な活動

KGKの歴史

KGKグループは1905年にケシャリマル コタリ氏がインドのジャイプールでビルマ産のカラーストーンを売買したときから始まりました。彼の理にかなって熱のこもったアプローチは、今日、我が社の中の至る所で明白です。彼の父の展望の影響を受けて、ギシラルジ コタリ氏は革新と多様性のために伝統的活動を継続して、グループの最初の成長と拡大を導きました。

弊社は指数的に大きな成功を達成して、第3世代のリーダーシップの下で世界的な多国籍企業に成長しました。創設者が導いた信頼、尊敬と完全性の最高の原則に従って事業を継続して行きます。

ケシャリマル コタリ氏
(1884 – 1956)
ギシラルジ コタリ氏
(1915 – 1975)

リーダーシップ

Milestones